千葉ジェッツ通信

〜赤がホーム、白がアウェイのReviewです~

【Game-12】2017年11月4日 栃木ブレックス戦レビュー

time 2017/11/04

【Game-12】2017年11月4日 栃木ブレックス戦レビュー

栃木ブレックス 69-76 千葉ジェッツ

 

今日の試合を書き始める前に、ちょっとこれだけは言わせて欲しい。

 

 

 

 

ギャビン

 

 

あんた

 

 

サイコーじゃねぇかよぉぉぉぉぉおおおおお!!!!!

 

 

 

 

今日の試合では27得点/12リバウンドと数字上でも大活躍でしたが、その中でもフリースロー9/10(90%)とブロックショット3、そしてネイミックを第4Q 1分29秒で早々に4ファールとしてベンチに追いやり、最終的には残り2分14秒でファールアウトさせました。そう言った数字に残らない部分も含めて、今日はギャビンがMVPだと言えるでしょう。

 

 

試合の方は第3Qまではなかなか4点~6点の差が縮まらず、見ている方もヤキモキする試合展開。最終的に「14」と言う数字が残りましたが、本当にターンオーバーも多かったです。正直なところ、後がない状態であるところに長谷川HCとロシターを欠いて、栃木ブレックスは凄く気持ちが入った状態ではありましたが、第2Q以降はネイミック、ボーズマン、喜田川が得点は重ねてきているものの、それほど「機能している」とは言い難い状態。そんな流れの中でもビハインドを追っていたのですから、千葉ジェッツも決して良い状態とは言えなかったでしょう。

 

ただ、そんな中でも小野とパーカーの安定感は抜群だったし、第3~第4Qで見せた西村と阿部のツーガードはしっかりと機能していて今後のオプションが増えましたね。特に西村は試合を落ち着かせたし、3ポイント2本を含む8得点を挙げています。そして何よりも西村はあの飄々とした感じがいいし、逆にたまに見せるミスした時のハニかんだ表情もいい。いや、ハニロクはそっち系じゃないですが(笑)、最初に生観戦した試合で西村がバカスカとスリーポイントを決める見る姿を見てファンになったので、勘違いされないようによろしゅうお願い致します。

 

心配な部分で言えば、シュータがまだ乗れてないかなぁ、と感じています。今日は第3Qの大事な部分でフリースロー2本失敗に加えて、ターンオーバーとなった富樫からのパスのキャッチミスもありました。それが影響したのかは分かりませんが、全体的には思い切りの良さが感じられなかったですね。特に序盤で出場した際にはミスしても構わないので、思い切ってチャレンジして欲しいと願っています。

 

 

と、良い点も悪い点も書きましたが、まずは勝つこと!これです。

確かに栃木ブレックスの調子は決して「良い」とは言えませんが、それでも第4Qで逆転した後にしっかり突き放したのは間違いなくチーム力だと感じています(オフィシャルTO明けのフリースロー、パーカーは2本とも良く決めた!)。

なんだかアルバルクはいっこうに負ける気配がないので、明日も勝って次節の直接対決に向けて勢い付けるのじゃ~~~。

 

 

Go~~~!

 

Go~~~~~~!!!

 

ジェ~~~~~~~~~~~~ッツ!!!!!

 

 

編集後記

トニーのハッスルする姿、明日はもっともっと見たいぞ!

 

down

コメントする




千葉ジェッツ通信とは?

ハニロク(HANIROKU)

ハニロク(HANIROKU)

バスケ経験もないので、戦術や技術的な事は書きません。書けません。
最後は気合と根性だと考えています。