千葉ジェッツ通信

〜赤がホーム、白がアウェイのReviewです~

【Game-16】2017年11月18日 京都ハンナリーズ戦レビュー

time 2017/11/18

【Game-16】2017年11月18日 京都ハンナリーズ戦レビュー

京都ハンナリーズ 60-82 千葉ジェッツ

 

 

つーーーことで、前回対戦の際に第4Qで26失点して大逆転くらったんで、個人的には「第4Qは52点取って倍返しだ!」なんて事は思いませんでしたが、ここで負けたら苦手意識ついちゃっうかもなぁ、って危惧はしておりました。

 

それにしても、半沢直樹ってもう4年以上前のドラマなんですね。何とも懐かしいです。えぇ、何とも関係ありませんが。

 

 

さて、試合の方ですが「ハンナリーズの自滅+ジェッツの安定感=22点差での勝利」と言った計算式でしょうか。

ターンオーバーはハンナリーズが14でジェッツが13。ほぼ同数ではありますが、イージーミスで言えば圧倒的にハンナリーズの方が多かったし、逆にジェッツは相手のミスを得点に繋げていけたと思います(印象なので数字的には分かりませんが)。

 

あとはリバウンドですかね。ハンナリーズ32に対してジェッツは43。その中でもパーカーのディフェンスリバウンド13は圧巻ですが、ギャビンのように「うんとこしょ!」って感じで相手と競り合っているイメージもあまりないんで、予測からくるポジショニングがいいのかなぁ、って思って見ていました。もしサイン会とかで会う機会があったら是非コツを聞いてみたいんですが

 

Your rebound is very nice Untoko-sho!

Is Kotsu prediction and positioning?

 

で通じますかね?

100%通じないでしょうね。

 

取り合えず気合と根性でやれるだけやってみます。

 

 

まぁ、それはいいんですけど、あとはトニーが久しぶりに「らしさ」を見せてくれて嬉しくなりました。得点こそフリースロー5本を含む7得点でしたが、長い手を活かしてスチール5!相手が「これは通るだろ」と思ったパスを取っちゃう訳ですから、数字以上にダメージを与えていると思います。ここのところ少し結果が出ていなくて色々と言われている部分もありますが、ハニロクはあの献身的なスタイルが好きなんで、厳しい言葉をかけながらも応援を続けて行きたいと思いますし、シーズン終了時点には「やっぱりトニーが来てくれて良かった」とジェッ通で書けるくらい、トニーにはもっともっと活躍して欲しいと願っています。

 

逆に心配なのは石井ですかねぇ。明らかに元気ないですもん。先週のアルバルクとのゲーム2では無得点で、今日も3ポイント1本が決まっての3点のみ。スターターもシュータに譲ってますし、ここが正念場かなぁって感じています。石井が盛り返してきてシュータとスターターの座を争うくらいになると、チームとしては底上げに繋がるんですけどね。まずは出場した時間帯でチャンスがあれば、躊躇せずにスリーを放って欲しい!

 

 

 

こんな気持ちで応援しちょります。

 

 

 

 

といつもながらに試合の展開とかは一切書かずに終盤を迎えていますが、今日は色んな意味で安定していたと思います。見ている方としては「なんとなく終わった」って感じなんですが、これ悪い意味じゃないです。特にひとりの選手だけが活躍するわけではなく、誰かが特別悪いわけでもなく、リードを追いつかれるのではなく、常に15点差程度を開いたまま試合が終わった訳ですからポジティブだと捉えています。言うならば「なんとなく終わらせた」でしょうかね。ハンナリーズにしてみれば、試合を通じて「ノーチャンスだった」と感じていると思います。

派手さはありませんが、良い試合でした。

 

 

明日はハンナリーズも修正してくると思いますので、逆にジェッツはその上を行く対策を練って連勝と行きたいですね。

 

スポナビでは現地応援のジェッツブースターもたくさんお見掛けしました。明日もわたしのように現地に行けないブースターの分まで、Go!Jets!よろしくお願いします。

 

 

編集後記

試合開始直後に小野が3ポイントを2本連続で決めた時、「今日は小野が42点取るか!」って期待しちゃいました(笑)




お楽しみ頂けたら下のハートマークをクリックお願いします♪
1 Star (1 人の方にいいねして頂きました。有難うございます)
Loading...

down

コメントする




千葉ジェッツ通信とは?

ハニロク(HANIROKU)

ハニロク(HANIROKU)

バスケ経験もないので、戦術や技術的な事は書きません。書けません。
最後は気合と根性だと考えています。