千葉ジェッツ通信

〜赤がホーム、白がアウェイのReviewです~

【Game-18】2017年12月2日 新潟アルビレックスBB戦レビュー

time 2017/12/02

【Game-18】2017年12月2日 新潟アルビレックスBB戦レビュー

新潟アルビレックスBB 77-82 千葉ジェッツ

 

富樫のプレーを見ていると

 

「上手い」じゃなくて「巧い」って言うのは、富樫みたいな選手の事を指すんだろうなぁ

 

って思います。

 

今日も圧巻の26得点でチームを牽引しました。

 

 

さて、トニーが抜けてから初の試合となりましたが、やっぱり何か物足りないし、オンザコート「1-1-1-1」はなんとも寂しい。とは言え、いつまでもトニーの事を引きずっても仕方ないし、デビューは来週になりそうですがレオも加入してくれました。応援する方も気持ちを切り替えて行きたいと思います。

 

試合の方は全体的に「我慢のバスケ」でしたね。特に前半は3ポイントを含めてなかなかゴールが決まらず、アルビレックスに離されないようにするのが精いっぱいでした。

そんな流れの中で迎えた後半ですが、個人的には第3Q残り1分強でアルビレックスが取られたベンチのテクニカルファールがこの試合の一番のポイントだったかな、と感じています。新潟の攻撃中に取られた事と、もらったスローを富樫がきっちり決める事により第3Qをリードして終了。最終的にリードのまま迎えた第4Qは一度もリードされる事なく勝利を収めています。

 

個人的には石井に積極性が戻ってきたことが嬉しいです。スリーポイントは2/7(28.6%)と数字上は物足りませんが、それでも躊躇なく打つ姿には力強ささえ感じられますし、それ以外のプレーひとつひとつを見ても、以前の石井に戻りつつあると感じています。あと一ヵ月して天皇杯が再開する頃には、もうひとつギアを上げた石井が見れるのではないかと期待感が膨らんできています。

 

あと、最初の件に戻ってしまうのですが、トニーが抜けたと言う事はまるまるその時間が他の選手に回って来ると言う事。今日もガードナー対策と言う部分もありましたがイートンが17分出場していますし、他の選手もチャンスをもらっています。レオが加入したと言ってもブランクもある事ですし、この機を逃さずに全選手が与えられた時間でアグレッシブにプレーして欲しいと願っています。

 

 

さて、首位のアルバルクは西地区ダントツ首位のシーホース三河を破っています。引き続き混戦が続きますが、明日の試合も我々は勝つのみです!

 

 

Go!Jets!

 

 

でありながら、明日は三河に対しても

 

Go!SeaHores!

 

の念を送らせて頂きます(笑)

 

 

編集後記

西村、髪の毛切ってサッパリしましたね~。




お楽しみ頂けたら下のハートマークをクリックお願いします♪
1 Star (6 人の方にいいねして頂きました。有難うございます)
Loading...

down

コメントする




千葉ジェッツ通信とは?

ハニロク(HANIROKU)

ハニロク(HANIROKU)

バスケ経験もないので、戦術や技術的な事は書きません。書けません。
最後は気合と根性だと考えています。