千葉ジェッツ通信

〜赤がホーム、白がアウェイのReviewです~

【Game-26】2017年12月24日 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ戦レビュー

time 2017/12/24

【Game-26】2017年12月24日 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ戦レビュー

【Game-26】2017年12月24日 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ戦レビュー

 

千葉ジェッツ 88-85 名古屋ダイヤモンドドルフィンズ

 

 

 

WAKU WAKU させてよ 

(hu~~~)

 

DOKI DOKI させてよ

(hu~~~)

 

 

 

と言う事で、今日もオールドファンしかピンと来ないであろう中山美穂の「WAKU WAKU させて」の歌詞からスタートしてみましたが、最後の最後までDOKI DOKIしっぱなしでした。

 

残り19秒でアキのレイアップが決まって6点差になった瞬間に「決まった!」って思ったんですが、その後のバーレルの3ポイントが決まり3点差。そして直後の富樫のトラベリングで一気に試合が分からなくなりました。最終的には守り切って勝利を収めましたが、昨日に引き続き最後の最後まで白熱した一戦を繰り広げてくれました。

 

 

やっぱりね、プロ同士の試合ですから前の日の反省点をしっかりと修正してきますよね。小野は2ptsに抑えられるし、スリーポイントはばかばか決められるし、さすがに第4Qを9点差で迎えた時には「今日はやばいな」って思いました。ただ、解説の方が「ジェッツには爆発力がある」と表現する事がありますが、今日の第4Qはまさにその言葉通りで、見ている方も「これはひっくり返すな」とWAKU WAKUしながら見ていました。富樫のスリーポイントにギャビンのゴール下は凄かったです(そしてレオも乗ってきた!)。
やっぱり富樫とギャビンの存在って言うのはいまのジェッツにとって非常に大きく支えになるし、逆にこの2人の調子が上がらない時は(セカンドユニットも含めて)周りの選手が形を作る。いま、ジェッツは非常に良い状態ですし、この勢いのまま年末年始のアルバルク2連戦とオールジャパンを迎える事ができるのは大きいですね。

 

 

あとひとつ提案なんですが、もういっかい石井をスタメンに戻してみませんか?一時期の不調からは完全に脱したと思うんですよね。原は原でディフェンス面も含めて良い部分があるんですが、ここで石井をスタメンに戻すことでチーム内にも競争が生まれるし、石井自身も一皮むけると思います。まぁ、大野HCも関係者の方も誰も見ていないと思いますが、心の叫び&気持ちの記録、と言う事で(笑)

 

と言う事で、や~~~っとアルバルクの背中が見えてきましたね。とは言えまだまだ先は長いので、まずは目先のひとつひとつを勝っていきましょう!来週末は駒沢でGo!Jets!ですよ、富樫選手!→次の試合会場を知らなかったようなので(笑)

 

 

編集後記

うちの会社の別の後輩ちゃんが子供たちを連れてフナアリに行ったようで、試合後に「ハニロクさんがバスケにハマる理由がよ~く分かりました!」とLINEをくれました♪




お楽しみ頂けたら下のハートマークをクリックお願いします♪
1 Star (5 人の方にいいねして頂きました。有難うございます)
Loading...

down

コメントする




千葉ジェッツ通信とは?

ハニロク(HANIROKU)

ハニロク(HANIROKU)

バスケ経験もないので、戦術や技術的な事は書きません。書けません。
最後は気合と根性だと考えています。