【2017-18シーズン-Game55】 vs サンロッカーズ渋谷戦 レビュー

2018年4月28日

千葉ジェッツ通信にお立ち寄り頂き有難うございます。

 

今日は最後の最後まで一点を争う激戦となり、まさにB.LEAGUEの醍醐味がぎゅっと詰まった一戦となりました。こう言った試合が見れるから、B.LEAGUEは病みつきになるんですよね(笑)

 

 

 

昨日は第1Q出だしに渋谷に走られたので、今日はしっかり修正を施し第1Qは15-28と13点リードしたものの、第2Qでは渋谷の気持ちのこもったプレーの前に後手後手になり21-13。前半をわずか5点のリードで折り返します。

 

そして第3Qはまさに一進一退(渋谷16-15千葉)となり、勝利の行方は第4Qに持ち越されましたが、特に後半は渋谷のベンドラメと伊藤が躍動していました。ベンドラメは36分間の出場で22ptsと数字からも活躍が伺えますが、伊藤は7pts(出場時間24分)ながらも戦う姿勢でチームを牽引。苦しい時間帯に点を取ったのがベンドラメであれば、苦しい時間に闘志をむき出しにしてチームを引っ張ったのが伊藤だと思います。敵ながらアッパレでしたね。

 

 

 

最後の最後はギャビンのオフェンスリバウンド、富樫の試合を決定づけるFT2本が試合の行方を左右しましたが、スタッツが表しているように今日は全選手が各々の役割を果たした結果の勝利だと捉えています。あとは試合を通じてミスマッチを突いて得点を重ねた小野の活躍(17pts)も忘れてはなりませんね。

 

 

 

そして昨日のGAME1でも存在感を示した石井ですが、今日は第1Qで得意のスリーポイントを2本沈めてチームを勢い付けました。スターターを争うアキの出場時間が「13分47秒」に対して石井は「26分13秒」である事からも大野HCの信頼の高さが伺えますし、特に最近はゲームの流れが良くない時のカンフル剤として投入されているように感じます。このコンディションのままCSを迎え、相手チームをスリーポイントでバッサバッサと切り落として欲しい所です。

 

うなぎパワー???笑

 

 

 

さぁ、これで地区優勝までの優勝マジックは4となりました。今シーズンの残り5試合のうち4試合に勝てば自力優勝となりますが、残る相手は北海道、川崎、琉球と簡単な試合はひとつもありません。1つ1つの勝利を積み重ねて、そして我々ブースターと共に初優勝を勝ち取りましょう!

 

来週は北海道との2連戦@ポートアリーナです!真っ赤に染めてチームに勢いを与えるぞ!

 

 

来週も、Go!Jets!