【2017-18シーズン-Game59】 vs 琉球ゴールデンキングス戦 レビュー

2018年5月6日

今日も千葉ジェッツ通信にお越しいただき有難うございます(*^-^*)

 

ついに!ついに!千葉ジェッツが東地区優勝を果たしましたーーー!!!

 

 

出だしから一進一退で、「取っては取られて」が繰り返される接戦であり熱戦。本日はチケットを入手できなかったのでスポナビ観戦となりましたが、自宅で思わず叫ぶ場面も少なくありませんでした (;^ω^)

琉球のヒルトン、ジェッツのレオが双方ともにファールアウトになった事からも、この試合がいかに白熱したかが垣間見れます(ちなみにギャビンも4ファールで危なかった(汗)。

 

 

「どのプレー」とは言えませんが、試合を通じて石井の戦う姿勢がチームに勢いと勇気を与えた事は間違いありません。得点:16pts/出場時間:25分22秒の結果もさることながら、自身の持ち味(武器)であるスリーポイントを躊躇なく打つ姿勢が素晴らしく、この試合のMVP選出も納得。シーズン序盤は不振に苦しんだサムライが、万全の状態でシーズン終盤に戻ってきてくれました。

 

この試合のポイントを強いてひとつ挙げるとすれば「ターンオーバー」だったでしょうか。ジェッツ:13に対して琉球:17となりましたが、決して琉球のミスが多かったのではなく、ジェッツのディフェンスが琉球の苦しいパスを誘発したと言っても過言ではありません。本当に気持ちが入っていたし、それにより「激しいディフェンスからのアーリーオフェンス」を体現できたと感じています。

 

 

 

 

さぁこれで次は一気にCSモードへ!

相手はアルバルクか、川崎か。いずれにしても相手どうのではなく、東地区チャンピオンのプライドを胸に秘めながらも、昨シーズンCS初戦で負けた悔しさをバネに我々は勝ち抜くのです!

そして、その為にも明日の琉球戦をしっかりと勝って、レギュラーシーズンを良い形で終える事。これが重要です。

 

 

明日も応援に行けませんが、心はフナアリに!

 

 

いくぜてっぺん!

 

 

 


 

本日も最後までお読みいただき有難うございました。見たばかりの試合だからかもしれませんが、今日の琉球戦はシーズンベストとも言える試合内容だったと感じていますが、みなさんいかがでしょうか?もちろんアルバルクに圧勝した試合や、接戦をものにした試合なんかも記憶に残っていますが、「気持ち」の部分では今日が一番だったっと感じています。まぁ、優勝した試合なので、そう感じたのかもしれませんが…(#^.^#)

来週にはCSですね。我々ブースターも気持ちを引き締めて、チームを後押ししましょう!

 

※是非、地区優勝の記念にコメントもお待ちしております (^^♪