千葉ジェッツ通信

〜赤がホーム、白がアウェイのReviewです~

【祝・天皇杯優勝!】2018年1月7日 戦レビュー

time 2018/01/07

【祝・天皇杯優勝!】2018年1月7日 戦レビュー

【祝・天皇杯優勝!】2018年1月7日 戦レビュー

シーホース三河 75-89 千葉ジェッツ

 

 

ほんとうに

 

 

 

ほんとーーーに

 

 

 

嬉しい!!!

 

 

 

 

 

そして

 

 

 

千葉ジェッツ天皇杯連覇おめでとう!!!

 

 

 

 

 

ボクは去年の天皇杯の時はまだB.LEAGUEを見ていなかったので、今日の試合が自分自身のジェッツ初タイトルとなりますが、本当に嬉しいです。そして、こんな喜びを与えてくれた千葉ジェッツに、そしてバスケットボールとの出会いに感謝です。

 

 

 

決勝が終わった後に少しだけ振り返り、「今日の試合だけではなくこの大会を通じて選手みんな躍動していたなぁ」と感じました。

 

ギャビンは大黒柱としてMVPを受賞して、西村は「西村らしさ」を出してゲームを作り、小野はキャプテンとして戦う姿勢でチームを引っ張り、石井は躊躇なくスリーポイントシュートを放ってチームに勇気を与えた。他のみんなもチームに、そしてブースターにたくさんのものを与えてくれました(富樫の怪我だけが本当に残念でした)。

 

 

決勝だけにフォーカスすれば、第2Qで突き放した後にもみんな気を抜かずに戦っていたし、点差が開いた場面でも大野HCが良いタイミングでタイムアウトを取ってチームの集中力を高めていた。そしてコートの外から絶えず「集中!集中!」の声がよく聞こえました。年末年始のアルバルク戦はちょっと残念な内容でしたが、逆にあれがあったからこそ天皇杯を連覇できたのかな、とも感じています。

 

 

あと、ひとつだけ個人名を挙げて言わせてもらうと、西村は富樫の控えではない。西村は西村だし、ジェッツに3人いる優秀なポイント・ガードのひとりです。特に富樫が怪我で戦線離脱したあとは、各所で「富樫の控え」と表現されるのが悔しかった。ただ、それを西村は自身のプレーで払拭してくれて、それが凄い嬉しかったです。まぁ西村自身は飄々としているし、そんな表現されても気にしないかもしれませんが(笑)

 

 

さぁ、これで一冠!

次に狙うはもちろんリーグ優勝です!

横浜ビーコル戦に気持ちを向き直して、勝ちに行きましょう!

 

 

 

Congratulations Chiba Jets!!!

 

 

 

編集後記

SNSやこのブログを通じて、多くのジェッツブースターの方と出会う事ができました。当初はバスケの事も、そして文化も知らずに失礼があったかと思いますが、温かく仲間に入れて頂き本当に感謝しています。次はみなさんとリーグ優勝を一緒に喜びたいと思いますので、引き続き千葉ジェッツ通信とハニロクをよろしくお願いいたします。




お楽しみ頂けたら下のハートマークをクリックお願いします♪
1 Star (10 人の方にいいねして頂きました。有難うございます)
Loading...

down

コメントする




千葉ジェッツ通信とは?

ハニロク(HANIROKU)

ハニロク(HANIROKU)

バスケ経験もないので、戦術や技術的な事は書きません。書けません。
最後は気合と根性だと考えています。