千葉ジェッツ通信

〜赤がホーム、白がアウェイのReviewです~

【採点付】2017アジアカップまとめ

time 2017/08/17

2017アジアカップまとめ(採点付)

●日本代表 68対84 オーストラリア代表(予選1戦目)

 

○日本代表 87対49 台湾代表(予選2戦目)

 

○日本代表 92対59 香港代表(予選3戦目)

 

●日本代表 68対81 韓国代表(決勝T1回戦)

 

大会を振り返って

千葉ジェッツ通信を開設してから初めての国際大会と言う事で、毎試合の振り返りも書かせて頂きましたが、全4試合を観戦し終えた感想は…

 

 

 

痛みに耐えて よく頑張った 感動した!

 

負けちゃったんで「おめでとう」にはなりませんし、圧倒的に悔しさが勝っているので「感動」と言う表現とも違うとは思いますが(ならこの動画使うな、と言う話でもありますが)、なんにしても普段B.LEAGUEで凌ぎを削っている選手たちが日の丸の下に一致団結し戦う姿は、ハニロクの胸をボーボーと熱くさせてくれました(ハニボー状態)。

 

それだけに非常に残念だったのも確かですが、この気持ちを忘れない為にも、そして11月から始まるワールドカップ予選に繋げる為にも、各選手の採点を残させて頂きたいと思います。バスケットの世界では採点とかあるのか分かりませんが、AKATSUKI FIVE応援サイト(※)として、バリバリ素人目線で採点していきますんで、そこんとこ4649!
※本職は千葉ジェッツ応援サイトなので、そこんとこも夜露死苦!

 

採点は5点満点 亀谷は万年堂

橋本 竜馬/2.5
富樫、篠山に次ぐ3番手のPGの立ち位置となり、十分な出場機会を与えられなかったが、その中でももう少しインパクトのあるプレーが見たかった。

富樫 勇樹/3.0
韓国戦のくるくるレイアップなど時折キレのあるプレーは見せたが、千葉ジェッツでのそれに比べると物足りなさが残る。ワールドカップ予選では、AKATSUKI FIVEの象徴となる事に期待。

比江島 慎/3.0
日本代表のエースとして期待され、それなりのポイントは挙げたが苦しい時の比江島とまでまでは行かなかった。もっともっと貪欲に、背中でチームを引っ張れるような選手になって欲しい。

篠山 竜青/4.5
今大会を通し、ジェッ通編集部で篠山株が急上昇(ストップ高)。その戦う姿勢は世界を相手にする上で、AKATSUKI FIVEの欠かせない武器となるでしょう!くぅーーー(川平慈英風に)

太田 敦也/3.0
太田が格上相手にどこまでゴール下で身体を張れるかが、AKATSUKI JAPANの伸び代にも繋がります。優しい顔つきですがギャップを見せて、相手に「You ベビーフェイスなのに なかなかヤルNe!」くらい言わせて下さい!

竹内 公輔/2.5
3試合を通じて光る部分が少なかったが、代表に長く在籍している経験を活かし、今後もAKATSUKI FIVEを引っ張って行って欲しい。

馬場 雄大/2.5
期待が大きかっただけに、特にオーストラリア戦でのパフォーマンスには物足りなさも。とは言え、今後のエース候補である事は間違いなく、ワールドカップ予選での飛躍に期待。BABABoomも流行るかも?

田中 大貴/3.5
全体的に安定していたイメージは残ったが、試合を左右する絶対的なプレーも無かったのは事実。比江島との2枚看板になってくれる事を期待するが、イケメンでエースなんてちょっとジェラシー的な部分もあるので、まぁほどほどでも…。

古川 孝敏/4.0
あの戦う姿勢と躊躇ないシュートで、ジェッ通編集部は一気にファンになりました。篠山といい古川といい、ヒゲなのか?ヒゲが気合への道に通じているのか!?

小野 龍猛/2.5
香港戦では一定のパフォーマンスは見せたが、それでも次回の代表に呼ばれるかは微妙でしょう。まずは千葉ジェッツで高パフォーマンスを!応援してるぞーーーー。Go RYUMO!

アイラ・ブラウン/4.0
いやー、頑張ってたよー。どんな試合展開でも変わらず気を吐いてましたし。ベテランの域に達してきましたが、まだまだ頼れる存在です。

張本 天傑/3.5
途中出場で流れを変える事の出来る選手。ちょっとムラがあったかな、と言う印象も残りましたが、安定感が備わればハマス体制で重宝されていくでしょう。

フリオ・ハマス/2.5
ベスト16敗退と言う結果から、HCとして厳しめの採点とはなりましたが、試合を重ねる毎にハマス色を強く出してきました。今後は自分のバスケを体現できる選手を選出して下さい。また、4試合を通じて改めて淀川長治の線も捨て切れない、と感じた大会でもありました。

太鼓の達人さん/35億
ひとりで2000人分くらい応援してくれましたが、韓国戦の欠場が悔やまれます。太達さんがいれば、富樫のくるくるレイアップからのアイラのアウリープで、一気に流れを持ってこれたんじゃないかな、とさえ感じてしまいました。
現地での孤軍奮闘の応援、本当にお疲れさまでした。

実況&解説さん/あと5千万人
完全に遊んでいる時間帯もありましたが、彼らのお陰で試合観戦が1.5倍楽しくなりました。「ジョージはどこ行った?」「ババブーン!」「バモス!」など、視聴者を楽しませてくれるエンターテイナーとしての一面も見せてくれましたね。

 

まとめ

いまググったら、個人ブログなんかで採点している人が結構いるんですね。最近、Twitterで手厳しい方とかお見受けしてますし、採点したが為に炎上したりしたらハニボーだなー、なんて思っていたので少しばかり安心しました。あっ、点数は各自の視点なんで、そこんとこは突っ込み厳禁 バリバリー バリバリー、で4649!

 

 

 

down

コメントする




千葉ジェッツ通信とは?

ハニロク(HANIROKU)

ハニロク(HANIROKU)

バスケ経験もないので、戦術や技術的な事は書きません。書けません。
最後は気合と根性だと考えています。