千葉ジェッツ通信

〜ロボッツは開幕までに紹介します~

【ヒャッホー!】アーリーカップ 栃木ブレックス戦レビュー

time 2017/09/02

アーリーカップ 栃木ブレックス戦レビュー

栃木ブレックス 56-88 千葉ジェッツ

 

昨シーズン王者との一戦は、思わぬ大差がつきました。

今シーズン初の現地観戦でしたので、見ている方としてはヒャッホー状態ではありましたが、得てしてこの程度の差が付くときには「千葉ジェッツの出来が良かった」か「相手の状態が悪かったか」のいずれか。

 

どちらかと言えば後者の方かな、と感じましたし、逆に言えばリーグ戦が開幕すれば千葉ジェッツは今日くらいの出来は当たり前になってもらわないと、とてもじゃないけど優勝は狙えないと思っています。

昨日の記事では「ギャビンはある程度適応しているけどアキとトニーはまだ伸び代がある」と書きましたが、今日はアキもトニーもらしさは見せてくれていたと思います。特にB.LEAGUE初年度となるトニーに関しては、チームにも溶け込んでいるように感じましたし、チームメートもトニーのストロングポイントを分かっている風でしたね。

 

タイラーと言うスコアラーが、そしてヒルトンと言うゴール下の番人がチームを去り、今シーズンはどうなる事かと心配もありましたが、蓋を開けてみればひとまわり大きくなった千葉ジェッツがそこにいました。昨日~今日の試合を見る限り、不安よりも期待感の方が大きいです。う~ん、開幕が楽しみ(まずは明日の決勝に勝って一冠!ですが)。

 

逆に栃木ブレックス。

確かに選手が大きく入れ替わった影響はあったにしろ、第2Q以降はまったく良い所がありませんでした。ロシターが時折個人技で打開する部分はあったものの、チームとしては全く機能していない印象。ジェッツが外からのシュートをチーム全体で意識して打っているのに対し、ブレックスは外から打たされている感は否めません。もちろんジェッツのディフェンスが良かった部分はありましたが、やはりブレックスの方向性が見えない部分の方が強かったですね。とは言っても王者ブレックス。あと一ヵ月でしっかりと仕上げてくる事に期待です!

 

昨日今日と阿部が非常に良い活躍を見せ、そしてチーム唯一のセンターであるイートンのコンディションも間違いなく上向きです(イートンが活躍すると会場が一気に盛り上がりますね!)。あとは、出場していない西村と荒尾のコンディションが戻れば、いつ開幕を迎えても良い状態だと感じています(2人はアップからも外れていたので怪我かコンディション不良でしょう)。

何にしても明日の決勝を勝ってシーズン一冠!

そして、勢いをつけて9月末のリーグ開幕戦を迎えたい所です。

 

4ヵ月ぶりのジェッツの応援となりましたが、本当に楽しかったし今後も楽しみでなりません!

が、明日が終わったらリーグ開幕までの一ヵ月、蛇の生殺し状態か~(笑)

down

コメントする




千葉ジェッツ通信とは?

ハニロク(HANIROKU)

ハニロク(HANIROKU)

千葉ジェッツ通信編集長ハニロクです。 ブースター歴は浅いですが、果敢に記事を書いています。苦情や辛辣なコメントは一切お断り。