【2017-18シーズン・チャンピオンシップ1回戦 Game2&3】 vs 川崎ブレイブサンダース戦 レビュー

2018年5月19日

母の日にも関わらず千葉ジェッツ通信にアクセス頂き有難うございます (#^.^#)

 

すでに結果をご存知の方ばかりだと思いますので、結果から書きますがCS準決勝進出!試合はGame2を落としてGame3(5分前後半)までもつれ、更にGame3の前半で8点差を付けるも後半で追いつかれる展開。もう手に汗握るどころではなく、ドキドキが止まりませんでした (;・∀・)

 

とにかく、とにかく素晴らしい試合でした。

 

 

 

今日はGame2を少しだけしか観戦できなかったので、リアルタイムで観戦できたGame3の感想が中心になるのですが、本当に「気持ち」で戦った10分間であり、その雰囲気を作ったのはチームであり、選手であり、そしてブースターだったと思います。画面越しではありましたが、ブースターのその熱気は伝わってきました。

 

Game2もGame3もスタッツは見ていません。恐らくスタッツを見返せば、観戦できなかったGame2の流れも分かったのかもしれませんが、それをしたくないくらいGame3は両チームともに気持ちが入っていて素晴らしく、とても数字には表せないと感じました。確かにシュートクロック1秒からの石井のシュートも、川崎に渡りそうになった流れをギリギリで食い止めたレオのブロックショットも、勝利を一気に手繰り寄せた富樫のフローターも、全てそのスキルは素晴らしかったですが、それもこれも気持ちだったと感じました。

 

 

 

今日の試合を見終わった後、ふとこう思いました。

 

 

『ひとりでも多くの人がB.LEAGUEに興味を持ち、そして今日みたいな試合の目撃者となれば、日本においてバスケットがもっともっと陽の目を浴びて、正当な評価を受ける事ができるのに』と。

 

 

 

ボクはちょうど一年前にその目撃者となり、そして二年目を迎えた2018年は、その伝道者となろうとしています。

 

準決勝の相手は琉球に決まりましたが、間違いなく激しい試合になるでしょう。もし、たまたま千葉ジェッツ通信にアクセス頂いた方がいれば、騙されたと思って決勝進出をかけた2試合を観戦して見て下さい。来年のいまごろ、目撃者から伝道者になっている事を約束します。

 

 

 

 

最後になりますが、川崎ブレイブサンダース、そして川崎ブースターのみなさん、素敵な90分間を有難うございました!みなさんの思いも胸に、準決勝を戦って来ます!

 

 

 

かわさき!

 

 

かわさき!

 

 

かわさき!

 

 


 

今日も最後までお読みいただき有難うございました (^^♪
電車の中でGame3を観戦したのですが、試合後には思わず涙が……。富樫、小野、石井が珍しく感情を爆発させている姿を見て本当に胸が熱くなりましたし、千葉ジェッツブースターである事を誇りに思えてきました。

わずか4チームだけに与えられたCSベスト4の雰囲気、空気をあと一週間楽しみたいと思います!

 

 

いくぜてっぺん!