2018-19 契約情報~5

 

千葉ジェッツはレオ・ライオンズ選手を自由交渉選手リストに公示致しました。

 

 

レオ・ライオンズ

誕生日:1987年5月24日(31歳)
ポジション:PF
在籍歴:2017-18途中から加入(1シーズン)

 

【2017-18スタッツ】

  • 出場試合:41試合(スターター1)
  • 出場時間:15時間48分40秒
  • 得点:455pts

 

2017-18シーズン途中、千葉ジェッツがトニー・ガフニーとの契約を解除すると、レオ・ライオンズとの契約を結び、新外国籍選手として加入。2016-17シーズン終了後、秋田ノーザンハピネッツとの契約更新をいったんは締結しながらも直後に引退を発表。その後に千葉ジェッツで現役復帰となった為に物議を醸し出した部分はあったが、晴れて千葉ジェッツの一員となると、そのオールラウンダーぶりを発揮し、攻守に渡り存在感を示して東地区優勝に貢献。特に富樫、西村と故障者が続いた際はポイント・ガードまで起用にこなし、チームのピンチを救った。また、CSセミファイナル琉球戦Game2で見せた試合を決めるスリーポイントは、今後もジェッツブースターの間では語り草になるであろう。

 

 

 

いったん「自由契約交渉リストに公示」と言う形なので再交渉の可能性はありますが、昨シーズンのタイラー・ストーンやヒルトン・アームストロングの例を鑑みると、来シーズンは新たな外国籍選手がジェッツのロスターに名を連ねる可能性が高いと言わざるを得ません。その際には引退するのか、それとも他のチームでプレーするのかは分かりませんが、いずれにしても今シーズンの千葉ジェッツをレオが救ってくれたことは間違いありません。

 

 

まずは今シーズン、千葉ジェッツで一緒に戦ってくれて有難う!(もちろん来シーズンもジェッツで戦ってくれるなら、それに越したことはありません)。

 

 

 

Thank you LEO!

 

 

Good Luck LEO!