2018-19 契約情報~7(西村 文男、原 修太、契約更新のお知らせ)

2018年6月17日

千葉ジェッツは下記2名との契約更新を発表致しました(契約更新済選手:計7選手)

 

 

西村 文男

誕生日:1986年9月24日(31歳)
ポジション:PG
在籍歴:2014-18(4シーズン)

 

【2017-18スタッツ】

  • 出場試合:42試合(スターター13)
  • 出場時間:11時間9分57秒
  • 得点:222pts
  • スリーポイント成功率:32.3%

 

千葉ジェッツが誇る「ポイントガード2枚看板」のひとり、西村が無事に契約更新に至りました。西村程の選手であればセカンドユニットに名を連ねるべきレベルではないので、スターターが約束される他B1チームへの移籍の可能性もゼロではないと思っておりました。それだけに、このタイミングでの契約更新は「安心した」と言うのが本音です。

昨シーズンは富樫が怪我をした時期にチームを支えながら、逆に富樫が戻ってきた後に怪我をしてしまい「不本意なシーズンを過ごした」と言えるでしょう。それだけに来シーズンは「まずはシーズンを通してプレーする事」、そして「独特のテンポでチームを操り、チームをチャンピオンシップ優勝に導いてくれる事」を期待したいと思います。

 

 

クールに見えますがファンを凄く大切にしている選手なんですよね。

 

 

 

原 修太

誕生日:1993年12月17日(24歳)
ポジション:SG/SF
在籍歴:2016-18(2シーズン)

 

【2017-18スタッツ】

  • 出場試合:57試合(スターター24)
  • 出場時間:11時間20分49秒
  • 得点:139pts

 

『千葉ジェッツの末っ子』も無事に契約更新に至りました。

昨シーズンはシーズン半ばからスターターの位置を確保するも、終盤に掛けてチェンバースに奪われて出番も徐々に少なくなってしまいました。とは言え、ルーキーイヤーから数えて2シーズン目となった2017-18シーズンは出場時間も増え、また天皇杯優勝~東地区優勝~チャンピオンシップ準優勝と、原自身の経験値も上がったに違いありません。

アンダー世代、そして体調不良の為に出場は果たせなかったものの、3×3でも日本代表に名を連ねる千葉ジェッツの希望の星なだけに、来シーズンは「若手」のイメージを払拭すべく、シーズン通じての活躍に期待したいところです。

 

 

こちらこそ!

 

 


 

今回の発表により2017-18所属12選手のうち、「7選手=契約更新済、4選手=自由交渉選手リスト公示(内、荒尾は滋賀と契約)、1選手(富樫)=未発表」となり、大枠でチームの土台が出来てきました。

昨シーズンも富樫は期間ギリギリでの発表となりましたが、もし富樫が契約を更新したとしても残りの4枠が空いており、そこに誰を充ててくるかが注目です(もちろん再契約もありです)。このところ他チームでも主力と目されていた選手が自由交渉リストに名前が挙げられている事もあり、ブースターとしては早い段階で計算できる選手の補強に期待が膨らみますね!

 

 

そろそろ、島田代表の「凄い選手、連れてくるよ」Tweetが出てくるんじゃないかと日々期待しております(笑)