【2018-19シーズン-Game4】 vs 三遠ネオフェニックス戦 レビュー

この試合に勝って勝率5割を目指す千葉ジェッツでしたが、開幕から3試合が嘘のような「ジェッツらしいバスケ」と見せつけ、連勝を飾りました!

 

 

 

スターティング5はギャビン、パーカー、富樫、石井、小野。昨シーズンからのメンバーで固めましたが、これが「吉」と出ました。ティップオフ直後から激しいディフェンスを見せると、奪ったボールを素早く展開して三遠ゴールに迫ります。富樫がボール運びの中心となり、ギャビンがゴールを決め、パーカーは抜け目なく相手の嫌がるプレーを見せ、石井は外からゴールを狙い、そしてキャプテンの小野は得意のポストプレーから得点を重ねる。まさに昨シーズン見せたジェッツのバスケがそこにありました。

しかし、それだけでは「変化」も「成長」もない所ですが、そこにダンカンが絡み、いまいち調子が上がっていなかった田口がその波に乗りました。特に田口はスリーポイント2本を含む10得点もさることながら、躊躇ないシュートタッチは本来の田口に戻りつつある事を証明しています。残念ながら藤永と大宮は出番がありませんでしたが、新加入の選手たちが昨シーズンまでのメンバーに絡むことにより、「昨シーズンより強いジェッツを見せてくれるのではないか」と言う大きな期待感を与えてくれました。

 

 

さて、話はスタメンに戻りますが、私はこれで良いかと思います。確かに主力となるべく選手が加入し、そして外国籍選手のルールも変わりました。実際に今日の試合は開幕4戦目で4通り目のスタメン構成であり、大野HCも試行錯誤であるのは明らか。しかし、昨シーズンのバスケを踏襲する以上、まずは昨シーズンのメンバーが中心となり、そこに新規メンバーが混ざり‘’徐々に‘’科学反応を起こせば良いのではないかと感じています。長いシーズンだからこそ最初の数試合はチャレンジする事も出来ますが、逆に長いシーズンだからこそ時間を掛けてチームを成長させていけば良いのではないでしょうか。中心選手も監督も昨シーズンから変わらないのですから、「新しく作る」のではなく、「今あるものを成長させる」で良いと思います。

 

もちろんバスケに関して私は分からない部分の方が多いですが、その分からない者が見ていても今日の試合は開幕4試合の中でもベストゲームだと感じました。毎週末『ベスト』を更新し、そしてシーズン終了後には『ベストの打ち止め』になるくらいの完成度を見せて欲しいと願います。

 

 

水曜日のレバンガ戦にも勝利して、勝ち越しと行きましょう!

 

 

Go Jets!